20170731_7

アジアン高橋です。今回はマレーシアのIOIプロパティーズ(IOI PROPERTIES GROUP SDN BHD : IOIP)について評価してみたいと思います。

IOIプロパティーズとは

マレーシア国内ではジョホールバル関連の土地開発プロジェクトを持っています。シンガポールのマリーナベイ地区でも高級オフィスなどの開発を行っており、イスカンダル計画や東南アジアの金融の中心であるシンガポールを抑えることができそうです。

配当

直近の配当利回りは3.52%(0.07MYR)となります。過去3年では0.07, 0.06, 0.07MYRとなっているので、割と安定しているような感じです。

当ブログでは4%程度を目標としているので目標には届いていませんが、十分に良い値だと思っています。

配当性向は35%となっています。安全圏内ですね。今後の増配できる余地も残していますね。

ROE/PER

ROEは7.37%です。ちょっと低いですね。企業の稼ぐ力があまり強くないということですね。10%以上であってほしいところですが。

一方PERは10.2なので十分割安です。これもプラスポイントです。私はアセアン株は20以下であることを閾値としています。

総収入

参照元 : https://markets.ft.com/data/equities/tearsheet/financials?s=IOIPG:KLS

参照元 : https://markets.ft.com/data/equities/tearsheet/financials?s=IOIPG:KLS

素晴らしいの一言ですね。いい感じに右肩上がりとなっています。

純利益

参照元 : https://markets.ft.com/data/equities/tearsheet/financials?s=IOIPG:KLS

参照元 : https://markets.ft.com/data/equities/tearsheet/financials?s=IOIPG:KLS

こちらも全く文句なしです。本当に素晴らしい。日本株もこのような銘柄があればよいのですが…

EPS

参照元 : https://markets.ft.com/data/equities/tearsheet/financials?s=IOIPG:KLS

参照元 : https://markets.ft.com/data/equities/tearsheet/financials?s=IOIPG:KLS

こちらも悪くないですね。2015年は前年度割れしていますが、しっかりと翌年は持ち直して右肩上がりです。

為替相場

参照元 : http://www.xe.com/ja/currencycharts/?from=MYR&to=USD&view=10Y

参照元 : http://www.xe.com/ja/currencycharts/?from=MYR&to=JPY&view=10

上の図はここ10年の為替相場です。現在はこの10年で最もといってよいくらいマレーシアリンギット安です。マレーシア株を買うのには都合の良い状況となります。

参照元 : http://www.xe.com/ja/currencycharts/?from=MYR&to=USD&view=10Y

参照元 : http://www.xe.com/ja/currencycharts/?from=MYR&to=USD&view=10Y

こちらはUSDベースでの相場となります。完全にリンギット安ですね。

株価

まずは5年分

5年分の株価 参照元 : 楽天証券

5年分の株価
参照元 : 楽天証券

残念ながら10年分はないため4年分のみしか過去の情報を見れません。

一応直近1年も載せておきます

1年分の株価 参照元 : 楽天証券

1年分の株価
参照元 : 楽天証券

今年に入り徐々に上げてきたという感じですね。

まとめ

私はイスカンダル計画や、シンガポールの不動産には興味を持っているので、業務内容的には前々から非常に興味を持っていた銘柄でした。

実際に調べてみたところ、十分にいい感じですね。総収入、純利益、EPS共に見事に右肩上がりです。ROEが唯一の問題です。7.37%はちょっと低いですね。しかし、それを差し引いたところでも、業務的には応援したくなる内容でした。近いうちに買ってみようかなと思っているところです。