20180407_13

アジアン高橋です。中国工商銀行(インダストリアル・アンド・コマーシャル・バンク(01398) 香港メイン)の評価をしたいと思います。

中国工商銀行とは

中国建設銀行、中国銀行、中国農業銀行とともに中国四大商業銀行の一角を占め、総資産(20兆3,037億人民元)および営業収益(5,896億人民元)の点で世界最大の銀行である(2013年末現在)。1984年に創立され、中国全土および国外に17,613の支店網を擁し、ATM設置台数は19,026台、従業員数は424,516人に達する。

2003年、フォルティスグループからベルギー総合会社の香港支店Generale Belgian Bank を買収した。

wikipediaより引用

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E9%8A%80%E8%A1%8C_(%E4%B8%AD%E8%8F%AF%E4%BA%BA%E6%B0%91%E5%85%B1%E5%92%8C%E5%9B%BD)

配当

直近の配当利回りは4.54%(0.28HKD)となります。

当ブログでは4%程度を目標としているのでその目標を十分にクリアしています。中国銀行、中国建設銀行と調べてきましたが、どれもしっかり高配当です。

配当性向は28.46%となります。いい感じですね。中国建設銀行と似たような感じです。負担にもなっていないし、今後の安定配当や増配も期待できそうです。

ROE/PER

ROEは14.3%です。10%をしっかり超えています。文句なしですね。

一方PERは6.74となります。いい感じですね。割高感は全く感じられません。

純利益/EPS

参照元 : MSNマネー https://www.msn.com/ja-jp/money/stockdetails/analysis/fi-134.1.1398.HKG.01398

参照元 : MSNマネー
https://www.msn.com/ja-jp/money/stockdetails/analysis/fi-134.1.1398.HKG.01398

今まで調べてきたすべての中国における銀行では2014年あたりから頭打ち状態が続いていますね。

株価

まずは10年の株価から

参照元 : 楽天証券 中国工商銀行の10年分の株価

参照元 : 楽天証券
中国工商銀行の10年分の株価

次に1年の推移

参照元 : 楽天証券 中国工商銀行の1年分の株価

参照元 : 楽天証券
中国工商銀行の1年分の株価

直近ではアメリカ株発の暴落の影響を受けています。

為替相場

為替相場 引用元 : http://www.xe.com/ja/currencycharts/?from=HKD&to=JPY&view=10Y

為替相場
引用元 : http://www.xe.com/ja/currencycharts/?from=HKD&to=JPY&view=10Y

HKDはUSD連動性なので、USDと基本的には同じようなグラフになります。最近は円高方向に振っていたので割とお買い得感がありますね。

まとめ

今まで2つの中国の銀行について評価してきました。これらは基本的には同じようなデータを示していますね。ただ、BOC(中国銀行)がすこし配当を頑張っている印象です。

個人的には、今は中国の銀行株は買い時ではないと考えています。貿易戦争リスクもありますしね。暴落時を狙いたいところです。