20161223_0

アジアン高橋です。投資はある程度まとまったお金がある人がするものと思っている方も多いと思います。まぁ、それは確かだと思うのですが、だからと言って貯金ばかりしていても絶対高所得者にはかなわないんです。

でもそんな状況でも。高所得者に打ち勝つ方法があります。今回はどうやって打ち勝つことができるかについて書いていこうと思います。

貯金・節約だけじゃ一生追いつけない

まず、お金を安定的に増やそうとして考えられるのは定期預金があります。定期預金は元本が保証されているのでお金が減るということはまずありません。まずというのは、その銀行がつぶれる可能性もあるのでそう書きましたが、ペイオフ制度というのがあって、預金者1人当たり1000万円までの元本とその利子はたとえ銀行がつぶれた場合でも保証される制度があります。銀行がつぶれることは稀ですが、過去の例から決してないとは言えません。というわけで定期預金は安全なのですが、定期預金の利子って良くても0.1%とかそこらですよね。100万円定期預金に預けても、一年後にもらえる利子はたったの1000円です。

最も、日本の銀行はATM手数料がとても高いので、1000円なんてATMで数回取引すればあまり残らないですよね。これじゃ全然お金は増えないし、ただ単にお金を定期預金というすぐに使いずらい不自由な場所にプールしているだけに過ぎないのです。こんなんじゃお金が増えたという実感はないですよね。

リスクを取らないことが最大のリスク

個人投資家でも株の平均利回りは5~6%はあるとされています。もちろんこの数値は、ある程度まとまった機関の数値であり、平均を下回る年や、暴落の影響を受ける時などがありますが、それでも投資を続けていればこの程度の利回りは得られることになります。

つまり、平均的にみると定期預金の50~60倍も効率が良いのです。一年あたり50000~60000円も増えることになるし、この得られた利益をさらに投資することで、資産は雪だるま式に増えていくことになります。これを複利といいます。

この雪だるま式に増えていく様子はこのページで計算してみればわかります。ぜひ試してみてください。

資産運用シミュレーション

このように、過去の結果を見ても長期的な視野でみると高い利益を得られる尾が株式投資です。ただ銀行にあ付けておくのは簡単な事ですが、考えてみてください。定期預金で増えるのはただその申し込みなどの手間と、ATMの手数料だけです。リスクを取らないことが逆に時間と資産を失うリスクとなりえるのです。