blog161030-14

アジアン高橋です。東南アジア株をメインに投資している私ですが、投資し始めて2か月程度たちました。さて、評価額はどの程度なのでしょうか。実際に紹介したいと思います。

評価額一覧

損益は1000円以下は切り捨て(金額が1000円以下の場合は10円以下は切り捨て)しています。

市場 銘柄 損益
日本 キヤノン ▲ 12000
日本 みずほFG ▲800
マレーシア マラヤン・バンキング ▲2000
マレーシア AMMBホールディングス ▽800 
マレーシア マレーシア・ビルディング・ソサエティ ▽2000
インドネシア ペルサハーン・ガス・ネガラ ▽7000 
シンガポール フレーザーズ・センターポイント ▽1000

 

アセアン株が足を引っ張っている?

日本株はすべてプラスになっていますね。素晴らしい(といってもたいした額ではないんですけどね)。

その一方で、アセアン株はどうでしょう。ほとんどマイナス。というかアセアン株すべて合わせたところでマイナスです。

「言わんこっちゃない。だから発展途上国の株なんかやるもんじゃない」と思った方もいるでしょう。しかし、いいんです! 全然問題ありません。

これからどんどん人口が増えて、GDPも上がっていくのです。そして、株価も上昇し毎年高い利率の配当を私にくれるのです。

手数料が原因

直近でマイナスになってる基本的な原因は手数料と外貨両替の際のスプレットが原因です。

しかし、こんなものは何年・何十年も投資することを考えれば気にするような金額ではありません。

インドネシアのペルサハーン・ガス・ネガラなんかは7000円くらいの損失ですが全然問題ありません。これからどんどん需要が増していくので、近いうちに買い増ししようと思っているところです。

長期的に需要があり、必要とされる会社かを見分けるのは、短期的な株の値動きを考えるよりもずっと楽だと思います。そして、短期的な値動きでストレスを抱えながらトレードをするよりもずっと楽だし(というよりやることなさ過ぎて暇です)楽しいし、安定してリターンが得られると思っています。