blog161016-10

アジアン高橋です。アメリカの次期大統領がトランプに決まり、一気に円安に進みましたね。海外株に積極的に投資している私にとっては願ってもいない…いえ、困った話なのです。

海外株に5000万投資してるんだ。っていう人ならきっとうれしい話ですね。円安になればもらえる配当金や評価額が上がりますからね。

しかし、私はまだ60万程度しか海外株を保有していません。まだ投資を始めて3か月程度なので、これでも結構がんばってはいるんですけどね。でも、これからまだまだバンバン買いたいと思っていたところに円安となると、海外株が割高になり割に合わなくなるのです。

私は日本株はあまり積極的ではありません。ましてや18000円を超えてきているのでちょっと様子見といったところですね…

さて、前置きが長くなりましたが、こんな状況でも投資していくにはどうすればいいんでしょうか。

JPY/USDだけ見ていてはダメ

さて、ここ最近の値動きは激しかったですね。1年の値動きを見てみましょう。

USDJPYの為替相場 参照元 : http://www.xe.com/ja/currencycharts/?from=USD&to=JPY&view=1Y

USDJPYの為替相場
参照元 : http://www.xe.com/ja/currencycharts/?from=USD&to=JPY&view=1Y

ここ最近の10日程度で10円以上円安が進んでいます。現在112~113円程度なので、ちょうど2月と同じくらいですね。この状態でアメリカ株を買うのは(USDに換金するのは)ちょっともったいないですね。

さて、ほかの通貨を見てみましょう。マレーシアの通貨。マレーシアリンギットについてみていきます。

MYRJPYの為替相場 参照元 : http://www.xe.com/ja/currencycharts/?from=MYR&to=JPY&view=1Y

MYRJPYの為替相場
参照元 : http://www.xe.com/ja/currencycharts/?from=MYR&to=JPY&view=1Y

USDJPYに比べて影響が少ないですね。もっとも、トランプが勝利してJPYはUSDに対して値を下げたわけですが、同様に、他国の通貨も基本的にUSDに対して値を下げているのです。

同じように、IDRJPY(インドネシアルピー/日本円)などもまだまだいい感じでした。

インドネシアや、特にマレーシアの通貨はここ数年でもっともといっていいほど通貨安担っています。これから回復することが考えられるので、今のうちに買っていきたいところです。

ということで、こんな状況でまだ海外株にこだわるのかといわれそうですが、成長性の高さ、まだ割安感があるということで私は今後も積極的にアセアン株を買い増ししていく予定です。