blog161018-7

アジアン高橋です。私の投資スタイルとしては、主に海外にしておこうと思っているわけですが、今回は投資の面から、インドという国についてみていきたいと思います。

基本データ

人口 13.111億人  2015年
人口増加率 1.21%  2015年
平均年齢 25歳 2015年
名目GDP 2.0735兆USD 2015年
実質GDP成長率 7.57% 2015年
1人当たりの名目GDP 1581USD 2015年

人口増加率は1.21%ですね。2014年のデータではアメリカ0.75%、中国0.55%、マレーシア1.47%。ちなみに日本はマイナス0.16%です。人口のピークは2070年ごろと言われています。平均年齢は25歳、とても若いですね。

人口増加率の推移はこんな感じになっています。

 

いいですね。マレーシアほどではありませんが長期的に安定していますね。

インドの人口ピラミット 参照元 : https://populationpyramid.net/ja/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89/2016/

インドの人口ピラミット
参照元 : https://populationpyramid.net/ja/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89/2016/

いいですね。非常にきれいな形をしています。これからも労働力が増えていくので人口ボーナスは大いに期待できますね。

成長性について

インドというとカレーというイメージが頭から離れませんが、最近は数学的解決能力が高いというイメージがあります。IT企業にはトップにインド出身の人を起用する会社が増えていますよね。googleやマイクロソフトのCEO。日本では今は変わってしまいましたが一時softbankの副社長がインド出身者でした。

インドの人口は今や世界大2位となっており、高齢化が進む中国とは対照的に、今後の人口が増え続けていくことが予想されています。しかも、まだ一人当たりのGDPはかなり低水準にあるので伸びしろがとても長いと思っています。

高速鉄道の計画もあり、都市間の交通が便利になることで経済がより活発になっていくことも期待できますね。かつての日本のように。

私自身まだインドに行ったことがないのでいつか時間があるときに視察に行ってみたいなと思っています。

 

どんな株を買ったらいい

人口ボーナスが期待できるという点と、まだまだ一人当たりのGDPが低水準ということで、生活消費に必要な銘柄、公共事業系の銘柄、金融株が有望だと思っています。

私もポートフォリオに入れたいところなんですが、日本から買えるADRの銘柄だと、配当利回りが低い会社や、すでにPERが高い会社ばかりなんですよね。ということでよさそうな株があれば会ですが少し様子見状態です。