20170909_0

]アジアン高橋です。普段はアセアン株メインですが、前々からアメリカ株のほうも視野に入れています。何と言ってもアメリカ株のパフォーマンスの良さは言うまでもないでしょう。

そんな中、先日私がメインで使用している楽天証券からうれしいメールが来ました。

楽天証券の今までの米株手数料

購入単位 手数料
1000株まで 25USD
1000株以上 25USD + 1株あたり0.02USD

なかなかお高い。というかかなりお高い。日本にいながらアメリカ株を手軽に買えるのはとてもありがたいことなのですが、これだけ高いといろいろとメリットが薄まります。

そもそも、マネックス証券とかSBI証券ではもっと安いため、アメリカ株やるならこの2択というのが常識だったりします。

楽天証券のこれからの米株手数料

2017年9月25日現地約定分から以下の手数料が適用されます。

購入単位 手数料
約定代金の0.45%。ただし最低5USD、最大20USD

最低5USD空になったのは非常にありがたいです。何しろ、今までは少し買っただけでも25USDはとられてしまっていたので、それと比べると天と地の差です。また、最大手数料が20USDになったのもうれしいですが、4445USD程度一度に買わないと20USDに達しないので、それ以上一度に買わないとこちらの恩恵は受けません。

なお、この改訂版手数料はマネックスとSBIと同様の手数料となります。

というわけで、今まではアメリカ株やるならマネックスかSBIと言われていましたが、その2社の手数料で並びました。楽天証券はアセアン株も充実してるし、個人的にはおすすめです。