20170930_0

アジアン高橋です。株式投資を初めてはや1年が過ぎました。このブログも同じ時に始めました。1年前までは株式投資に興味はあったものの、いろいろとめんどくさい感じがしたリ、まとまった資金がないと始められないという間違った考えがありました。そのせいで、いろいろとチャンスを逃してしまっていたことに気づかされます。

いろいろと言葉で書くよりも、まずはこの一年でどれだけの成果が出たかを紹介します。

この一年の成果は

入金金額 損益 利回り
4,280,000円 +249,000円 +5.8%

残念ながら、目標としている利回り9%にはほど遠い感じです。実際のところ、証券会社の口座に入金したものの、購入している株はその資金の半分ほどとなっています。これを全部回せばというのもありましたが、そこは何かの購入チャンスの時に取っておくものであり、タイミングも重要なので手を付けていませんでした。また、海外株取得の一年目は、配当が入金されても購入時の手数料を補っているだけに過ぎないので、2年目以降には確実にもっと良い数値になる予定です。目標達成もそうですが、私もまだまだ勉強しながらの株式投資。少しづつでもいいからどんどん改善していきたいですね。

ちなみに、私は海外株は基本的に一度買ったら相当なことがあるまで売らないと決めています。実際、今まで購入した海外株はそのままホールドしています。ではなぜ+25万にもなったのかというと、大部分は国内株のキャピタルゲインとなります。国内株は手数料も高くないので、積極的にキャプたリゲインが狙えるところは手を出してきました。

とはいえ、この一年の結果に不満かというとそうではありません。ただただ銀行口座に入れておくだけでは、いくら利回りが良いネット銀行と言えど0.1%程度です。つまり、年間4280円しか入りません。積極的に株式投資したことで58倍多く得られたことになります。この差はとても大きいですね。株式投資を始める1年前まではこんな事ちっとも考えてなかったですね。

それに、この一年で400万以上の資金を投資に回せたことは本当に自分でもよく頑張ったなと。次の一年もこのペースを維持するのはさすがに難しいですが、確実に増やしていこうと思います。

次の一年はどうする?

ポートフォリオの拡大を狙います。その為、アメリカ株と中国(香港)株を開拓していくつもりです。

実はすでに、アメリカドルへある程度換金は済んでいるし、実際にとある銘柄を購入済みですが、これは別の機会に紹介します。最近円安方向に動いているので残念なのですが、円高の機会が来たら見逃さずしっかり換金していく予定です。

中国株は今のところ優先度が低いですが、こちらも重要なマーケットです。すでに中国はバブルへまっしぐらと思っている方もいるかもしれません。しかし、中国の地方を含む様々な都市に渡航歴がある私としては、中国のマーケットの大きさは日本とはけた違いに大きな可能性を秘めていると感じます。沿岸部はだいぶ開拓されているように見えますが、少し陸のほうになるとまだまだといった感じです。しかし、あまり中国頼みにするのも危険ですね。今のところ私が頼っているマレーシア株なんかは中国との辛みが強いので、もし中国がこけると共倒れします。最も中国がこけたら世界市場は大混乱でしょうけどね。