blog161019-8

アジアン高橋です。株をやっているとついつい株価を見たくなりますよね。でもそれはやめたほうがいいと思うんです。そんな私なりの考えを紹介していきたいと思います。

あなたは自分自身に勝てますか?

株式投資は自分の欲との戦いだと思うんです。数パーセントだけ上昇したらそれをすぐに売る。そんなことを個人投資家がしてもそれは良い方法とはいえるのでしょうか?

AIを活用した投資に個人投資家が勝てない理由

前に紹介しました。そんなことばかりしているとAIを使った投資に負けるだけです。だから、毎日グラフを見て、数パーセント上がったら売るみたいなことをしてはいけないと思うんです。

それだけではありません。長期投資するから評価額が少し上がったところでは売らないと思っている皆さん。もしも評価額がマイナスになった場合どうしますか? 損切の我慢ができますか? もともと、少しくらい下がったところで将来性に問題がない会社の株を選ぶことが大前提ですが、毎日株価を見ていると徐々に損切の誘惑に負けそうになります。

あなたはそれに勝てますか? 株式投資に限らず、特にFXなんかはそうですね。そんな誘惑に勝てるだけの能力を備えていれば別ですが、我々初心者はまずは体力をつけなくてはなりません。そのためにも毎日よく株価を注視するような銘柄を買ってはいけない。そして、その銘柄を買ったらどんなことがあってもほっとく。そして、そういう銘柄であれば怖ければ毎日株価を見ないくらいの覚悟を持って買いましょう。