20171002_3

アジアン高橋です。最近アメリカ株調べにはまっています。きっかけは、楽天証券が大きく手数料を引き下げたことです。

今回はネットワーク機器の製造をしている大企業CISCO SYSTEMS (CSCO:NSQ)の株について評価してみます。

シスコシステムズとは

Wikipediaより引用。

ネットワーク機器業界のガリバーであり、インターネット関連事業で最も成功している会社のひとつ。創業初期は企業向けルーティング装置のみの取扱いであったが、近年はルータ、スイッチを初め、セキュリティ、ワイヤレスLAN、光伝送路装置、ビデオ会議端末や音声システム、X86サーバ等の様々な装置を販売、その殆どの製品分野で全世界の約50%以上のシェアを占めている。特に中核製品のルータ(約60%)、スイッチ(約70%)は圧倒的な市場支配力を持っており、ルータ、スイッチ、セキュリティ、ワイヤレスLAN、Web会議アプリケーション、テレプレゼンス(ビデオ会議端末)、音声システム(IP電話)は世界のトップブランドとなっている。

——– 一部抜粋 ——–

1990年にNASDAQに株式を上場しており、1998年には史上最短の創業14年で株式時価総額1,000億US$を突破、驚異的な成長を遂げITバブル期の2000年3月には5,000億US$に達し、時価総額が世界一になる。その後、ITバブル崩壊により株価は暴落するが、2009年6月8日にはダウ平均株価採用銘柄となった。NASDAQ上場銘柄でダウ採用銘柄となるのは1999年採用のインテル及びマイクロソフトに次いで3銘柄目となる。2015年2月の時価総額は約1,500億US$(約18兆円)である。

参照元 : https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0%E3%82%BA

Ciscoの発表によると、2016年から2021年までにトラフィックが3倍になると予想されています。

2016 年の全世界の IP トラフィックは月間 96 EB ですが、2021 年には 3 倍増となり月間 278 EB に達します。

参照元 : https://www.cisco.com/c/ja_jp/solutions/collateral/service-provider/visual-networking-index-vni/complete-white-paper-c11-481360.html

これからしっかりと成長していく分野っていうことがわかりますね。こういう業種は長期投資にはもってこいかなって思います。

配当

直近の配当利回りは3.47%(1.16USD)となります。過去3年では0.99USD, 0.82USD, 0.74USDとなっているので、ここ最近毎年増配です。

当ブログでは4%程度を目標としているので目標には届いていませんが、十分に良い値だと思っています。

配当性向は58%となっています。安全圏内ですね。今すぐに減配ってことはなさそうです。

ROE/PER

ROEは14.81%です。十分高い数字ですね。しっかり稼いでいます。たわしは10%以上を基準としていますが、しっかり合格です。

一方PERは17.6なので問題はありません。これもプラスポイントです。私はアメリカ株は20以下であることを閾値としています。

総収入

参照元 : https://markets.ft.com/data/equities/tearsheet/financials?s=CSCO:NSQ

参照元 : https://markets.ft.com/data/equities/tearsheet/financials?s=CSCO:NSQ

残念ながら横ばいです。

純利益

参照元 : https://markets.ft.com/data/equities/tearsheet/financials?s=CSCO:NSQ

参照元 : https://markets.ft.com/data/equities/tearsheet/financials?s=CSCO:NSQ

こちらも良くも悪くもない。評価が難しいところですね。本当は右肩上がりになっててほしいんですけど。

EPS

参照元 : https://markets.ft.com/data/equities/tearsheet/financials?s=CSCO:NSQ

参照元 : https://markets.ft.com/data/equities/tearsheet/financials?s=CSCO:NSQ

純利益と同じような感じですね。ということは、1株あたりの純利益の大きさに、この数年間あまり変化がない、ある意味安定しているということがわかります。

本当は右肩上がりになっててほしいですね…

株価

まずは10年分の株価から。

参照元 : 楽天証券

参照元 : 楽天証券

金融危機以来、大方右肩上がりで来ています。悪くないですね。

お次はここ1年の株価です。

参照元 : 楽天証券

参照元 : 楽天証券

残念ながらでこぼこしていますが、8月あたりから持ち直してきています。

ちなみに、もっと過去のデータまで参照するとこんな感じになります。

参照元 : Google Finance https://finance.google.com/finance?q=CISCO&ei=UlvOWbH1J8mH0gTG0L7ACQ

参照元 : Google Finance
https://finance.google.com/finance?q=CISCO&ei=UlvOWbH1J8mH0gTG0L7ACQ

2000念付近はITバブルの時ですね。バブルって本当に恐ろしい。

まとめ

直近数年のデータからは良くも悪くもない結果でした。直近一年を除き、株価は順調にあげていますね。

ネットワーク機器(特にルーター)の世界シェアも高いし、業種自体今後も必要とされ続けると思われるので、長期的に投資をするのであればいいかなと思っています。とくに、IoTなんかがもっと普及してきたらネットワークの需要はどんどん増えていきますしね。