20170929_0

アジアン高橋です。前に個人投資家はバフェット流投資をすべきではないという記事を書きました。今日はその時に書ききれなかったことをまとめて書いていこうと思います。

ちなみに、前回書いた記事はこちら。

個人投資家はバフェット流投資をすべきでない?

 

まねすることの難しさ

これは私個人的な考えですが、バフェットがやっている長期的に株を保有するというスタイルをまねるのは別にいいと思うのです。

しかし、彼が買っている銘柄をそのまままねして購入しようとするのはどうかなって思います。そもそも、バフェットがその銘柄を買った時と、私たちがそれを買うときにタイムラグが発生してしまうということです。

でもそれよりも問題なのは、同じようにまねしようとした人たちの間で競争が発生してしまいます。つまり、バフェットが買ったタイミングより値上がりしてしまう可能性があるということです。まぁ、長期保有であれば多少の値上がりは問題ないかもしれませんが、株の基本として安く変えたほうが嬉しいですよね。

バフェット氏の発言は個別銘柄の株価に与える影響が大きいといわれています。そのため、彼自身も個別銘柄に対する評価は、あまり公に出さないようにしているみたいですし。

バフェット流じゃなくバフェットをフォローしよう

いろいろとウェブで調べていると、バフェット流をまねている人を、さらにまねるという人が結構います。これって少しどうかなって思っちゃいますね。

どうしても「バフェットと同じ方法で投資したい!」って思っている人もいると思います。投資は自己責任だから、私はそれはそれで別にいいと思うんです。だけど、あえてバフェットと同じ銘柄を買うバフェット流をする意味は?

そんなことするんだったら、バークシャーハサウェイの株を買ったほうが早いし安心じゃないですか?

個人投資家ではバフェット流は完全にはできないです。なんせ、日本から簡単には買えない銘柄もあるし、資金力の限界という点でも。もしも本当にバフェットを信頼しているのであればそれをまねるよりもそこに投資してしまったほうが早いし、リスク分散もされていて安心だと思います。

では、バークシャー・ハサウェイ株はどこで買えるのかというと、私もメインで使用している楽天証券で取り扱っています。ちょうど、先日楽天証券からアメリカ株の手数料大幅引き下げのアナウンスがありました。この機会に検討してみてもいいですね。

楽天証券アメリカ株の手数料改定に関する記事はこちら

朗報! 楽天証券のアメリカ株手数料大幅値下げ