blog161024-0

アジアン高橋です。今回はスターハブ(STARHUB LTD : STAR)について評価してみたいと思います。

スターハブとは

シンガポール国内で固定電話・データ通信・放送・携帯電話のサービスを提供している通信業者です。

携帯通信のシェアに至っては、Singtelに次ぐシェアを持っています(2014年におけるシェアの割合はSingtel – 40%, Starhub – 30%, M1 – 5%)。

配当

直近の配当利回りは5.93%(20SGD Cents)となります。当ブログでは4%程度を目標としているので、十分に良い利回りですね。

過去5年間は年20SGD Centsで安定していますね。Websiteを見る限り、2005年から一度も減配していなく、増配している点もかなりプラスポイントといえます。

配当性向は87%となっています。株主にたくさん還元してくれるのはうれしいですが、ちょっと高すぎですね。業績が悪化したら無配当になってしまう可能性も考えなくてはなりません。

参照元 : http://ir.starhub.com/Investors/?page=Dividends-Splits

ROE/PER

ROEは221.2%です。化け物ですね。間違いだと目を疑い、いろいろと調べましたが正しいようです。日本企業の多くがひとけた台なのに比べ、桁が全然違います。これはかなりプラスポイントです。

一方PERは15.7%なので少し高いですが、高すぎるというわけでもないですね。

総収入

総売り上げ 参照元 : http://markets.ft.com/data/equities/tearsheet/financials?s=CC3:SES

総売り上げ
参照元 : http://markets.ft.com/data/equities/tearsheet/financials?s=CC3:SES

頭打ち感はありますが右肩上がりですね。いい感じです。

純利益

純利益 参照元 : http://markets.ft.com/data/equities/tearsheet/financials?s=CC3:SES

純利益
参照元 : http://markets.ft.com/data/equities/tearsheet/financials?s=CC3:SES

こちらも頭打ち感がありますね。

EPS

EPS 参照元 : http://markets.ft.com/data/equities/tearsheet/financials?s=CC3:SES

EPS
参照元 : http://markets.ft.com/data/equities/tearsheet/financials?s=CC3:SES

こちらもまずまずといった感じでしょうか。少なくとも大幅に下がっているということはないので安定はしているみたいですね。

為替相場

SGD to JPYのグラフ 参照元 : http://www.xe.com/ja/currencycharts/?from=SGD&to=JPY&view=10Y

SGD to JPYのグラフ
参照元 : http://www.xe.com/ja/currencycharts/?from=SGD&to=JPY&view=10Y

ここ10年では平均的といった感じでしょうか。

SGD/USDも見てみましょう。

SGD/USDの為替相場 参照元 : http://www.xe.com/ja/currencycharts/?from=SGD&to=USD&view=10Y

SGD/USDの為替相場
参照元 : http://www.xe.com/ja/currencycharts/?from=SGD&to=USD&view=10Y

こちらも平均的ではありますがややSGD高といった感じでしょうか。

株価

まずは10年分

10年分の株価 参照 : 楽天証券

10年分の株価
参照 : 楽天証券

3SGDくらいまで下がれば買いかなと思っています。

一応直近1年も載せておきます

1年分の株価 参照 : 楽天証券

1年分の株価
参照 : 楽天証券

まとめ

まず、ROEが200%を超えているのは驚きですね。資本を効率よく使いしっかり稼いでいて、非常に好印象です。

通信インフラは需要が継続してあるので安定感があると思います。同じインフラ系といっても電力株などと違って原発事故で大暴落みたいなことは考えにくいですからね。長期保有にお勧めですし、リスクヘッジにはいいかもしれませんね。

しかし少しばかり割高感がありあるかなと。1株3SGDあたりまで下げれば買いかなと思っています。