blog161016-4

アジアン高橋です。私が今持っている株を公開します。

国内株

 

ティー・ワイ・オー 200株
キャノン 100株
みずほフィナンシャルG 100株

アセアン株

 

シンガポール フレーザーズ・センターポイント 500株
マレーシア マラヤン・バンキング 500株
マレーシア マレーシア・ビルディング・ソサエティ 2300株
インドネシア ペルサハーン・ガス・ネガラ 2500株

 現状について

まだ保有銘柄は少ないですが、リスクマネージのためにもう少し分野を広げたいところです。しかし、あまり増やしすぎても自分で管理できなくなっては元も子もないので難しいところですね。

個別株の評価についてはまた別記事で紹介していきたいと思いますが、国内株については、キヤノンとみずほは個人投資家に人気がある銘柄で、私も株を始めるにあたって最初に買った銘柄です。しっかりと落ちたタイミングで買ったのでプラス圏で推移しています。キャノンはカメラ・複合機事業はなかなか成長性を疑問視できないのですが、東芝メディカルを買収したので、これがどうなるか期待しているところです。みずほは長期ではもたないかな。タイミングを見計らって売るかもしれません。ティー・ワイ・オーは映像コンテンツを作る会社です。今後円高になる可能性も含めて、内需がメインの会社をポートフォリオに入れたかったので入れています。個の株もほぼ底値で取れたので辛うじてプラス圏ですが、これもタイミングを見計らって売るつもりです。

アセアン株において、マレーシアに集中投資しているのにはわけがあります。現在とりわけマレーシアの通貨リンギットの価値が暴落しています。

blog161011-2

引用元 : http://www.xe.com/ja/currencycharts/?from=MYR&to=JPY&view=10Y

ここ10年で一番といっていいほど価値が下がっているのです。これは、日本円に対してだけではなくドルに対してもです。これは、隣国シンガポールが通貨切り下げを行った影響が波及しているためです。一般的に、その国の経済成長が続くと通貨の価値が向上します。なので、たとえ一社の株価が上がらなくても将来リンギットの価値は復活するでしょうからきっとマイナスにはならないと思っています。