20180407_17

アジアン高橋です。中国農業銀行(アグリカルチュラル・バンク・オブ・チャイナ(01288) 香港メイン)の評価をしたいと思います。

中国農業銀行とは

中華人民共和国の銀行である。中国銀行、中国工商銀行、中国建設銀行と並び中国四大商業銀行とされる。

北京に総行(本店)を置き、全国31の省、自治区、直轄市と新疆生産建設兵団に一級分行(支店)を置く他、大連、深圳、青島、寧波、アモイに直属分行を置き、下級支店網は全国の農村をカバーし、店舗数は四大商業銀行中最大である。さらに中国国外では東京、ニューヨーク、シンガポール、香港、ソウル、ドバイ、フランクフルト、シドニーに支店を設置し、ロンドンに現地法人、その他モスクワ、台北等に海外駐在員事務所を置く。また長春、天津、武漢に養成学校を開設する。2014年末の総資産は15.97兆人民元、貸付残高8.1兆元、預金残高12.5兆元、税引き後利益1,795億元で、米『フォーチュン』誌の世界トップ企業500に入り、利益ベースでは世界第5位である。ただ不良債権は相当膨らんでいると見られ、また農村などの田舎地域が営業主体なので海外での株式上場のメドはたっていない。

wikipediaより引用

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E9%8A%80%E8%A1%8C_(%E4%B8%AD%E8%8F%AF%E4%BA%BA%E6%B0%91%E5%85%B1%E5%92%8C%E5%9B%BD)

配当

直近の配当利回りは5.02%(0.2HKD)となります。

当ブログでは4%程度を目標としているのでその目標を十分にクリアしています。今まで調べてきた中国の別の銀行同様しっかりとインカムゲインをもらえますね。

配当性向は27.7%となります。いい感じですね。負担にもなっていないし、今後の安定配当や増配も期待できそうです。

ROE/PER

ROEは14.57%です。10%をしっかり超えています。文句なしですね。

一方PERは6.11となります。いい感じですね。割高感は全く感じられません。

純利益/EPS

参照元 : MSNマネー https://www.msn.com/ja-jp/money/stockdetails/analysis/fi-134.1.3988.HKG.03988

参照元 : MSNマネー
https://www.msn.com/ja-jp/money/stockdetails/analysis/fi-134.1.3988.HKG.03988

中国のほかの銀行同様2014年あたりから頭打ち状態が続いていますね。

株価

まずは10年の株価から

参照元 : 楽天証券 中国農業銀行の10年分の株価

参照元 : 楽天証券
中国農業銀行の10年分の株価

次に1年の推移

参照元 : 楽天証券 中国農業銀行の1年分の株価

参照元 : 楽天証券
中国農業銀行の1年分の株価

直近ではアメリカ株発の暴落の影響を受けています。

為替相場

為替相場 引用元 : http://www.xe.com/ja/currencycharts/?from=HKD&to=JPY&view=10Y

為替相場
引用元 : http://www.xe.com/ja/currencycharts/?from=HKD&to=JPY&view=10Y

HKDはUSD連動性なので、USDと基本的には同じようなグラフになります。最近は円高方向に振っていたので割とお買い得感がありますね。

まとめ

これで中国4大銀行のすべてを評価しました、株価も配当も成長率もすべて似たり寄ったり。まぁ、当たり前と言えば当たり前ですね。私個人は今は買い得だとは思っていませんが、もし買うとしたら、現状は配当の観点から中国銀行かなと思います。