20171209_0

アジアン高橋です。AIに関してはある程度勉強していてそれなりに知識があります。実は私一応情報処理が専門でして。今回はそんなAIについてすごく簡単に触れた後、個人投資家がかなわない理由をわかりやすく説明します。

AIの仕組みってどうなっているの?

AIってよく言いますが、情報処理をやっている人たちは具体的にディープラーニングといっています。では、ディープラーニングとは何か。これは人間の脳の仕組みをソフトウェア上で再現しています。

過去の膨大な問題と結果という履歴を学習して、ある計算式を作ります。今起きている問題や状態を計算式に入力し、将来起こりうることを過去の結果から予測するわけです。人間も同じようなことをしますよね。

実際のところ、複雑なことをするにはまだまだ人間の脳のほうが優れています。理由は、現在のパソコンの情報処理能力よりも、人間の脳のほうが早いから。いろいろ騒がれている人間の能力を超す時が来るっていうのは、簡単に言ってしまえばコンピュータがもっと早くなった時というわけです。

投資においてのAIの利点とは

ズバリ、人間のように無駄な欲がないので、具体的な数値を定量的に判断します。経験豊富な方を除き、個人投資家だったらもっと株価が上がるんじゃないかとか、または逆に株価が下がってしまい損切ばかりしてしまうことでしょう。でも、AIは過去の出来事を完璧に学習しているので、そんなAIに経験未熟な個人投資家が勝てるわけではないのです。株式投資の経験値が全く異なるわけです。

先に、AIはまだ人間の処理能力よりも遅いって言いましたが、これはあくまでも人間としてのふるまいを完全に再現する場合の話です。株式投資にだけ限ると、やっていることが単純なだけに、それはもうAIのほうがまともかもしれません。

AIに勝つ唯一の方法

はっきり言ってしまって、個人投資家がAIに勝てるとは思いません。経験の差が全く違います。人間は何度も取引を繰り返して学習していきますが、AIは一晩のうちに何十年分もの学習をしてしまうことができます。

ではどうするか、そもそも株式投資のもともとの意味について考えてみましょう。投資し、企業の成長を支えるという根本的な事を思い出しましょう。つまり、経営判断がしっかりしている企業に投資すれば、長期的には業績が上がり、それに伴って株価も上がっていきます。

つまり、短期投資南下をしてしまうとAIとの勝負となります。でも、しっかり投資先を吟味して、長期投資をすると、AIとの勝負は無視することができます。なぜなら長期的に株価が上がっていくから。

今後もAIがこの分野で進出してくることでしょう。今よりももっと強力なものが。でもそんなときにでも勝てるように今紹介したように長期投資が必要だと思っています。