マレーシア・クアラルンプールの夜景

マレーシア・クアラルンプールの夜景

このブログの管理人のアジアン高橋です。まずは私が投資を始めたきっかけについて簡単に紹介します。

どこかの誰かさんが言っていました。「株をやらないやつは馬鹿じゃない?!」。私は昔はそんなことはないだろうと思っていました。リスクが大きいし、だからと言って投資額が少ないとリターンもさほどないしなと。

株には株価が購入時よりも上昇して得る利益であるキャピタルゲインと、決まった日に株価を保有しているだけで保有額に応じて利益が出るインカムゲイン(配当金)があります。
ここではこのうちインカムゲインについて考えてみます。

安い銘柄の株なら5万もあれば買えます。日本株の配当はすごく低いのですが、中には3%とか4%近くのインカムゲインを出してくれる株主に対してやさしい会社もあります。

しかし若き時の私としては、高々50000*0.04 = 年間2000円しかもらえない。2000円なんて2時間くらいバイトすれば稼げるわけで、投資になんて興味を持っていませんでした。それよりもFXに興味を持っていましたが、これについては後程。

でも1年で2000円と考えるのではなく10年、20年運用することを考えてみましょう。毎年出る4%の利益もコンスタントに投資していくと

・10年目では71165円
・20年目では105342円

となります。20年基本的にほっとくだけで(もちろん毎年出る利益から株を新たに購入したり、もろもろの作業があるにせよ)投資額の2倍が手に入ることになります。

それと、もう一つ大事なことは不労所得であるということです。もちろん株には下調べとかが必要ですが、バイトなどと違って体を張ったりする必要はありませんよね。

なんかいいことばかり書いていますが、リスクマネージメントはとても重要です。購入した株は1年後、10年後、または50年後かわかりませんがいずれは売却することになります。インカムゲインを狙うのであれば、業績が安定していることや、成長の見込みがある株を購入しなくてはならないことは言うまでもありません。

リスクマネージメントについてはまたいつか触れていきたいと思いますが、私はこれから伸びることが期待されている東南アジアをメインに投資をしています。ページのTOPに乗せたマレーシアの首都クアラルンプールの写真を見てください。都会のような田舎のような。まさに今建設ラッシュで成長中の様子がわかります。

こういう考えを持てるようになったのはわりと最近でした。もっと若いうちに初めてればなと後悔しています。