blog161017-4

こんにちは。アジアン高橋です。前々から気になっていたマレーシア株のYTLパワー・インターナショナルの株を購入しました。

この株については以前評価をしています。

高配当マレーシアのインフラ株”YTLパワー・インターナショナル”の評価

配当は購入時の状態で年率6.8%程度と非常に魅力的な銘柄です。しかし、前回評価した際には現状パスという判断にしていました。

なぜこの株を購入したか?

先ほど紹介したリンクで現状パスという判断をしました。しかしなぜ今購入したのでしょうか?

先に書いた紹介記事を書いたころは、会社の成長性というところを重点的に評価していました。そのため、直近のチャートを重要視して評価しています。しかし、最近の安定性についてもしっかり評価をしていきたいと思っています。つまり、10年、20年、50年たっても必要とされる会社かどうかということですね。

この会社はインフラ系で、発電所のメンテナンスや上下水道の管理などを行っています。これらの業務は10年、20年、50年たっても決して不要になるようなものではありません。これからAIが雇用を奪うといわれていますが、このような業務のすべてをAIやロボットができるとは思えませんよね。

ちなみに、保有株数は9600株となり、現在の評価額は34万円ほどとなります。下に直近10年分の株価の推移を示します。最近は株価も安定していて、10年単位で見ると安価に購入できたのではないかと思います。

20170114_0