20181215_0

アジアン高橋です。WealthNavi, THEOそして楽天証券の楽ラップを同時に開始して、これからどれだけ資産が増えるのか、それぞれにどのような特徴があるのかを見ていきます。

もちろん、単なる実験ではなくてしっかりと資産運用のためですが、まずはそれぞれ開始時に10万円ずつ入金し、月それぞれ3万円ずつ積み立てしていくという運用方針で行きます。各社リスク・リターンレベルをどれだけとるかという診断があるのですが、私の場合はすべてにおいてリスク・リターンレベル大でした。まぁ、余剰資産でやっていて、20代なので当然の結果ですね。

ところで… 最近ブログの更新ができなくてほんと久しぶりになります。個人的なことでいろいろ出来事が重なり、なかなかまとまった時間が取れませんでした。ブログ書くのも時間と体力をそれなりにいるし、記事をブラッシュアップするのは大変ですからね。しっかりと投資のほうは続けていましたけどね。まぁ、落ち着いたのでこれからまた前のようなペースで進めていきます。

AI投資って手数料高いけどなぜやりだした?

私が使い始めたWealthNaviとTHEOはそれぞれ1%、楽天証券の楽ラップは少し複雑で固定報酬型を設定すると年間で運用資産額に対して0.54%から0.7%。成功報酬併用型は、運用資産額に対して0.43%から0.59%と利益の5.4%の手数料が発生します。

まぁこの手数料安くはないですよね? 自分でETFなんかを買えば全然安いですから。だけど、そんなに時間をかけることができない自分にはぴったりだと思いました。AI投資ならしっかりと分散して売買も自動で行ってくれるので考える必要がありません。

まぁ、でもそんな都合の良い話通りになるでしょうか? ということで、これから経過をブログの中で報告していきたいと思います。それぞれ3つのAI投資の癖なども見えてくるんではないかと思います。

それとは別に、しっかりと個別株も時間を見つけてトライしていきます!