blog161030-12

アジアン高橋です。私は株だけではなく、株に投資する資産を増やすためにFXもやっているんですが、今回はそんなFXの注意事項について簡単にあげてみたいと思います。

どんな時でもできることが利点だけど注意が必要

株は取引時間が決まっていて、日本やアジア株は日中の限られた時間でしか取引することはできません。忙しい時間帯に株に集中することはなかなかできませんよね。

しかし、FXは土日以外は基本的にいつでも取引ができます。会社から帰宅した後寝る前のちょっとした時間や、通勤時間中にも気軽に取引ができるのです。

しかし、それが最大のメリットでもあり注意点でもあります。人間、取引できるチャンス(時間)があると、ついつい取引を行ってしまいます。早く利益を得たいとか、さっきやった時勝ったからまた同じ考えで行ける。などと、そういう短絡的な考えが先行してしまい、たとえその時が売買の最適なタイミングではなくとも取引をしてしまうときがあります。

株にもFXにも、売買の適切なタイミングがあります。適切なニュースをキャッチし、相場の方向性が読めるときや、統計的に決まりきったパターンでチャートが動いているときなど。

しかし、FXはそのいつでもできるという手軽さゆえに、そういうことを考えずについついポジションを取ってしまうことがあります。そして、予想した結果とは正反対に評価額がどんどんマイナスになっていきます…

FXはギャンブル性が高いということを常に意識する

私自身FXを否定するつもりは全くありません。現に私は株のための軍資金をFXで増やすことに成功しています。

しかし、FXはいつでも成功するとは限りません。この一年間やってきて、何度も負けて、自分の中で負けるパターンがわかってきました。

さっき勝ったからまた同じポジションの取り方で勝てると思って仕掛けたポジションは、結構な確率で負けています。FXは株とは比べ物にならないくらい値動きが激しいのです。その激しい値動きの中でさっき大丈夫だったからというのは通用しません。

FXはギャンブルではありません。しっかりと戦略を練り、適切なタイミングでポジションを持てばそれなりに思った通りの結果が出ています。しかし、手軽さ故、何も考えずにポジションを持ったりすると、それはただ単にうん任せのギャンブルと同じです(ギャンブルも作戦が大事だとは思いますが、私はあまりギャンブルをやってことがないので…)。

長期的な傾向がつかめないときや、しっかりと動向を調べることができないときはFXで気軽にポジションを持つのはやめたほうがいいと思います。増やしたいと思った軍資金がどんどん減るばかりです。